マイナポイント取得への道

節約

6月30日から申請が始まったマイナポイント第二弾の申請。

家族が多い人は必ずやるべき。家族がいなくても必ずやるべきこと。

どれくらいマイナポイントがもらえるのか。

何をしたら、どれくらいマイナポイントがもらえるのか。

少しだけ伝えます

健康保険証の利用登録

マイナンバーカードの健康保険証利用に申し込むと、なんと7500ポイントが付与される

前回、マイナポイントをもらうときに登録したのがWAONカードだったので、おやぐりはWAONでポイントに付与

ポイントがもらえるのはもちろん節約家としては嬉しい

7500円を簡単な手続きでもらえるのはラッキー

今のインフレの状態で、給与も上がらない状況下ではかなり家計が助かる

これが家族3人いるなら3倍なのでありがたいわ

デジタル庁の政策の一つであるし、

税金が使われているというのであればやるべきやね

これでマイナンバーカードを健康保険証替わりに使える

ただ、オンライン資格確認が導入されている医療機関・薬局に限るみたい

でも、便利かなと個人的には思う

公金受け取り用預貯金口座の登録

年金、給付金、児童手当などの公金手続きの登録することで、これもまた、なんと7500ポイントが付与される

登録したからといって、損をこうむることはない

少し手間かもしれないけど、そんな難しい問題でもない

積み立てNISAだったり、iDeCoみたいな節税対策みたいに手続き比べたらそこまで大変なわけではない

(理解をし方法通りに手続きしたら、上記の二つもそこまでではないけど…)

とにかく、手続きしないという選択肢はない

マイナポイントの取得日

おやぐり分とうちの息子たいちゃん分をまとめて、WAONで申請したので、申請日から3日後には付与された

こんなにも付与されるスピードが早いとは…少し驚き

これで自分と息子合わせて、マイナポイント30,000P

こんな臨時収入はない

つまぐりにも教えると、さっそく申請していました

これであっという間に、45,000Pとなる

家計がこれで少し安泰かもね

デジタル庁との関係がないけど、

この情報を色んな人に共有して、マイナポイントでお得になってほしいね。

まとめ

健康保険証の登録で 7,500P

公金口座の登録で、 7,500P

合計で15,000P

これを家族3人で45,000P

ここまでもらえると、確かに財布の紐が緩みそう

ただ、そこはぎゅっとしめて管理する

これが節約家・倹約家のやり方やな

よくつまぐりからは

つまぐり
つまぐり

うちの財務省がOKなら買う

(おやぐりが)うちの財務省役なので、家計のお金の管理をしている

なので、簡単に予算から逸れることはしないように自制心を働かせている

ただ、あまりにも抑制しすぎると、つまぐりがイライラ爆発で暴動を起こしかねないので、厳重に注意をしている

とにかく、話がそれたけど、マイナポイントを取得手続きは絶対にしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました